2019/07/24

設計ミスに強い試作金型で量産試作

 

 

開発試作のアリスでは、プラスチック樹脂の数量が多い試作は

試作金型を使ってのインジェクション射出成形で製作します。

 

試作板金なども含めたご依頼にも対応可能です。

 

量産プロセスのスムーズに立ち上げに役立ちます。

 

試作金型の特徴は設計ミスや改造にスピーディーな対応ができること。

 

試作金型の改造スピードには自信がございます。

 

また変更前の成形品に追加工や改造をして対応することもできます。

 

プラスチック樹脂部品の量産試作品サンプルは、ぜひお声かけ下さい。

2019/07/24

透明ポリカで創る切削加工モデル

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅,真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

ポリカーボネート(PC)板から、切削加工で創る透明試作モデル。

 

透明ポリカを切削すると、どうしても白っぽくなります。

 

それを透明化処理して美しい透明に仕上げます。 

 

 

 

アリスは、ポリカ(PC)切削加工試作モデルにこだわっています。

 

ポリカ(PC)の透明化処理技術に強みがあります。

 

その強みを活かして、開発試作モデルをポリカ(PC)を切削して

たくさん創ってきました。

 

これからも透明試作モデルの製作技術にこだわり、美しい試作モデルを

製作していきます。

2019/07/23

内部機構設計や摺動動作確認用ワーキングモデル

 

 

開発試作アリスで特化している強みは、透明切削品の美しい仕上がりです。

 

アリスの透明切削モデルは、美観も求められる営業モックや展示モデル、

プレゼンテーションモデル、レンズやライティングパーツ、レンズカット試作品、

内部機構や摺動動作確認をするために機能試作やワーキングモデルなどに

活用されています。

 

もちろん透明以外の黒や白で創る切削加工モデルも得意中の得意です。

 

また5個中に1個だけ透明で製作したい、試作金型で創る成形試作品での

100個中に10個だけ透明で成形したいなど、必要数だけ透明で創ることも

できます。ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

機能試作の検証で創るワーキングモデルはぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/07/23

アリスは常に「あたらしい」を実現していくチャレンジャー

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスは永遠に「あたらしいこと」に挑戦していきます。

 

 

 

 

確かに「あたらしいこと」に常に挑戦して、進化を実現していくことは、

とても怖いことです。

 

ですが、開発プロセスからの連携事業では、そのプレッシャーを楽しめる

ぐらいの能力と勇気を兼ね備えた会社でないと対応できません

 

 

 

開発試作アリスは開発ものづくりのプロフェッショナルです。

 

幅広い素材や加工方法を国内外で対応。

 

ワンストップ・サービスとして開発ものづくりを行っています。

 

 

 

 

まだまだ若くて小さな会社ですが、皆さまに愛される誠実な内製を持つ

開発ものづくり商社会社として、これからもひとつひとつを丁寧に

心を込めてモノづくりに取り組んでいきます。

 

 

スタッフ一同、「1日でも早くご期待以上の品質で納品しよう。」を

合言葉に切磋琢磨していきますので、今後ともご愛顧の程よろしく

お願い申し上げます。

2019/07/22

バランスをうまくとる感覚を磨く

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

べてのことには、プラスとマイナスの要素が両立しているんだと思います。

 

例えば、品質は時間をかけると向上しますが、コストが高くなります。

 

そのちょうど良いところでバランスを見つけて創ること。

 

 

 

切削加工する機械と人でも同じこと。

 

切削加工に時間をかければ寸法精度の高い高品質な機能部品が

製作できます。

 

ですが、納期が長くなり、コストが跳ね上がります。

 

そこで、ポイントに力を入れて、無駄を省く機械加工で、ひとつ

ひとつ丁寧にベターを行うこと。

 

 

 

 

また手加工の職人技術を加えて高品質に創る。

 

そのバランスをとれば、高品質で早くコストも見合う精度の高い機能部品が

出来上がります。

 

最適を実現して、開発ものづくりで試作品、治具、機能部品の

製作に貢献していきます。

2019/07/22

加工設備や道具の長所を効果的に使う

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

人と同じで、加工設備や道具にも長所と短所があります。

 

そこで重要なことは、人も、加工設備も、道具も知り尽くすこと。

 

そのクセや使い方を、深く熟知していくことが大切に思います。

 

より深く理解して、適材適所の使い方をすれば、最高の

パフォーマンスを発揮できます。

 

試作品の加工では、いろいろな加工設備や道具を駆使しています。

 

ですが、まだまだ加工設備や道具のポテンシャルを引き出せてない

ように思います。

 

機械や道具を熟知することも職人の重要な技術ではないかと思います。

2019/07/21

From Arice in Higashi Osaka, Japan. “Prototype is…”

 

 

 

What is a “prototype”?

 

-an experimental product that you manufacture before it is officially made.

 

-a trial product that you manufacture so that you can check a function or design of your newest product.

 

-a product that you manufacture in order to make sure if it functions correctly and to make it better product.

 

We make high-quality development products for our customers with these principles above

in Higashi Osaka City, Japan.

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

Arice Inc.
2-8, Kano 4-Chome, Higashi-Osaka, Osaka Pref., 578-0901, Japan
Tel: +81-72-964-2100
Fax: +81-72-964-2101
E-mail: info@arice-world0917.jp

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/07/21

シリコンゴム&ウレタンゴム試作

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作のアリスでは、シリコンゴムやウレタンゴムの

試作品を製作しています。

 

簡単な2次元加工は、シリコンゴムやウレタンゴムの板材や

丸材からカットして製作できます。

 

複雑な形状でも、金型ではなくアクリル型で試作することが

できます。

 

金型と違ってアクリル型は加工もスピーディーにでき、価格も

リーズナブル。

 

数個から数十個の範囲であればメリット大です。

 

シリコンゴム&ウレタンゴムを試作品として製作する場合や、

小ロットの部品を製作する場合は、

開発試作のアリスにぜひお声かけ下さい。

2019/07/20

妥協せず!! あらゆる可能性を探ること

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

これでいい!!

 

何事も満足したところで限界となるように思います。

 

開発でも同じこと。

 

妥協の産物で満足してしまい、あらゆる可能性を探ることを

やめてしまった時から、疑問やアイデアが生まれなくなります。

 

開発にはゴールがありません。

 

まだまだ改善の余地はあります。

 

開発ものづくりは、何事も奥深さがあり、これでいいなんてことはなく、

過程でのゴールしか存在しないと思います。

2019/07/20

3Dデータで開発試作モデルを検証

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

アリスでは、図面やスケッチのを専門スタッフが3Dデータ化し ます。

 

3Dデータを作成すれば、パソコン画面で現実のカタチを確認できます。

 

データで筐体のカタチや機構などを、まずは確実にしておけば、

試作モデルを何度も作り直すことなく、無駄なコストを省く

ことができます。

 

また機構設計に不備がある場合は、ご連絡させていただき、

実現可能な部品形状に修正させていただきます。

 

3Dデータで、できる限りの問題点を解決してから試作モデルの

製作に進めます。

 

各工程は必ずご承認いただきますので、ご安心いただき、開発を

進めていただけます。

 

CADデータが見れないといった場合も、画像データでご確認いただける

ようにしています。

 

3Dデータでの開発試作モデルの検証をご希望の場合は、ぜひお声かけ下さい。

新着情報