2019/08/08

汎用工作機械とCNC工作機械のそれぞれ強みを活かす

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅,真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 
 

職人が加工する汎用工作機械と、CAD/CAMで創った加工データが

動かすCNC工作機械。

 

開発試作のアリスでは、彫刻機という汎用の工作機械で追加工や

簡単な切削加工を行っています。

 

 

 

 

 

またCNC工作機械であるマシニングセンターでの切削加工も

CAD/CAMをプログラミングして行っています。

 

職人の機械制御にも、CNCコンピューターの機械制御にも、

それぞれに強みがあります。

 

それぞれの強みを把握して、的確にチョイスして製作することが、

良品を確実に短い期間で創ることを実現します。

 

 

 

 

適材適所と同じで適機械適加工です。

 

これからAIなどの発展で機械加工は、コンピューター化が進んで

いくんでしょうが、また職人の匠の技もますます重要になっていく

と考えています。

 

開発試作のアリスでは、これまで以上に重要なミッションとして、

職人の技術を磨いていこうと思います。

2019/08/08

アルミ試作をマシニングセンタで創る

 

 

 

開発試作アリスでは、アルミの試作品を製作して組立の確認したい、

勘合確認をしたい、一度組立後に完成品を見ながら表面処理を考えたい

など開発プロセスで必要となる検討用の試作品製作でご要望にお応え致します。

 

 

 

 

数量が少ない場合は、アルミ切削で製作致します。

数量が多い場合は、石膏鋳造や試作ダイカストで対応致します。

 

アルミで創る試作品の製作はぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/08/07

ポリカ(PC)透明モデルの切削試作加工

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

アリスは、ポリカ(PC)の透明試作モデルの製作に強みがございます。

 

機械加工では難しい加工跡のない透明度の高い仕上げで、

お客さまから高評価をいただいております。

 

特にライティング試作モデルやレンズカット切削加工を

得意としています。

 

ポリカーボネート(PC)で創る透明試作モデルは、

ぜひアリスにお任せ下さい。 

2019/08/07

開発試作は実現できてなんぼの世界

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅,真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスではいろいろな開発ものづくりの課題について

相談があります。

 

今は硬度の低い粘着するシートを自由にカットする方法の打診が

ありました。

 

 

 

7年ほど前に、ファッションモデル様が肌に直接粘着力だけで

取り付ける翼や花の切り抜きは以前製作しました。

 

手切りではカタチがバラつき、時間も掛かり、失敗も多い。

 

安定した形状でのカットをしたいという事でした。

 

 

 

そのケースで切削加工やプレス、レーザーカットやトムソン

などでテスト加工をした事があります。

 

ファッションモデル用の粘着シートカットは厚みが1㎜程度と薄く

数量が少なかったのでクリアしました。

 

 

 

今回は厚みがあり、数が多い製品を創るためのご要望です。

 

カットした断面が奇麗であるか?

 

大量の数をカットできるのか?

 

カットする型に引っ付くので手作業で離型するしかないのか?

 

また手作業の場合は安全でスムーズに取り外せるように

工夫をどうするのか?

 

製品が痛むのでフィルムで挟みますが、メーカー様で

対応してもらえるのか?

 

またサンドイッチするフィルムは硬く、製品は柔らかい

ので刃が傷みやすくなるがどうするのか?

 

繰り返し断裁する刃に製品が引っ付かないようにするには

どうしたら良いのか?

 

引っ付く製品の断面が当たらないように搬送するにはどうするのか?

 

 

 

たくさんの課題が山積みです。

 

ですが、開発試作は毎回こんなものです。

 

おNEWのアイデアや技術の組み合わせが必要となります。

 

 

 

四角や丸、底に穴が開いてる程度の形なら問題ありません。

 

細かな細工を加工できるかが重要です。

 

画像はご要望の形ではありません。

 

適当にどうなるのか試すために製作した刃物です。

 

紙や段ボールは複雑なカタチでも抜けるのですが

プラスチックやゴムは逃げたり引っ付いたりで

カットが難しいです。

 

 

 

まずはトムソンの刃を製作する装置製造の会社様に訪問。

 

トムソン刃がどこまで繊細に製作できるのかを検証して

来ました。

 

仮型をサクッと製作してもらいトムソンで抜きましたが、

細かな形状は切れず、刃物にもくっつきます。

 

トムソン刃の専門メーカーにも来社いただき、相談。

 

課題の解決方法などを打ち合わせして、検討依頼しました。

 

これからが勝負です。

 

 

 

 

これが開発現場のリアルです。

 

本当の詳細は書けませんが、イメージしていただけるかと思います。

 

開発ものづくりは、あたらしい時代を築く最先端のものづくり。

 

その世界では、理想を現実に実現していく実行力が重要なんだと

思います。

 

なんでもできます!と言いながら、理由をつけてトライ要素が高い

仕事は逃げる。

 

それでは開発試作では通用しません。

 

あたらしい価値を創造していく開発ものづくりが実現できません。

 

アリスでは、まずは様々な加工方法で課題に挑戦してみること。

 

少しでも実現の可能性があるのであればトライしています。

 

開発試作のことなら、試作のプロであるアリスにぜひお声かけ下さい。

2019/08/06

磨かないレンズカット切削加工技術を確立

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

この画像は、ポリカーボネート(PC)透明板をマシニングセンタ

で切削加工したレンズカットサンプルです。

 

切削加工したポリカ試作モデルを美しい透明に仕上げる

加工技術。

 

それがアリスの強み。

 

レンズカット部は磨きレス。

 

欲しい形状にもっとも忠実にできています。

 

さまざまなレンズカット形状に対応。

 

職人の匠の技を実現したような丁寧な機械加工技術で、

完全な磨きレスを目指しています。

 

機械加工後がもっとも寸法精度が高く、形状正確です。

 

アリスでは、磨きレスの切削加工技術を磨いていきたいと

思います。

2019/08/06

POM試作を切削加工で創る

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

POM、ポリアセタール、ジュラコンで、ギアの試作をはじめ、

さまざまな摺動部品の試作品を製作しています。

 

POMは、バランスの良い機械的特性でいろいろな部品として

使われていますので、試作でも多く使う材質です。

 

種類はナチュラル色の白、黒、ガラス入、などがあります。

 

板材や丸棒などを切削加工して試作品を製作致します。

 

数量は、1個から数十個までは切削加工が多く、数百個になれば、

プラスチック樹脂成形、インジェクション成形、射出成形で創ることが

多くなります。

 

形状や数量で製作方法はチョイスしています。

 

POM試作をマシニングセンタや旋盤で創る場合や成形で製作する場合は、

ぜひアリスのお声かけ下さい。

2019/08/05

設計ミスには試作金型(簡易金型)

 

 

 

 
大阪試作アリスは、試作金型に強みがあります。
 
 
試作金型は、あくまで試作検証用を役目としており、設計ミスや
 
不具合などのスピーディーな修正に最適。
 
 
加工性の良いアルミ素材で製作しています。
 
 
金型をバラシやすいシンプルな構造で設計されているため、
 
突発での金型改造に効果を発揮して即対応できます。
 
 
金型の流用も可能で、基本ベースの形状が同じであれば、
 
必要な部分を改造でき、コストダウンにつながります。
 
 
プラスチック樹脂部品の試作で量産試作品サンプルを製作する場合は、
 
開発試作アリスにお気軽にお声かけ下さい。

 

2019/08/05

ウレタンゴム着色注型モデル(透明)

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスは、ウレタンゴムの試作品を製作しています。

 

画像は、透明のウレタンゴムをオレンジに着色したもの。

 

ウレタンゴム注型という試作モデルを創る方法で製作。

 

アンダー形状があるために、シリコンゴム型が3分割

となっております。

 

 

 

ウレタンゴムを使って、綺麗な透明が完成。

 

オレンジ色の蛍光色で染色しています。

 

これはあくまでもウレタンゴム注型のサンプル

として作りました。

 

実際の仕事はゴムパッキンやゴム部品を試作しています。

2019/08/04

大手上場クラスメーカーを中心とした法人企業(BtoB)

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

開発試作のアリスは、大手上場クラスメーカーのエンジニア

さまがメインのお客さまとなります。

 

今流行の「BtoB」という法人企業さまとのお取り引きが中心です。

 

エンジニアさまの設計やデザインをカタチに創る開発ものづくり

行っています。

 

開発者さまが本来業務の筐体や機構の設計、プロダクトデザイン

などに熱中できるように試作モデルや治具、部品加工は安心して

任せていただくことをミッションとしています。

 

切削加工、機械加工、成形、真空注型、板金プレス、レーザー

などさまざまな加工方法を駆使して開発試作を行います。

 

開発試作のものづくりは開発試作のアリスにお声かけ下さい。

2019/08/04

試作も含めた小ロット多品種生産ノウハウ

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

コストが高く、ノウハウを必要とする小ロット多品種の生産。

 

アリスは、開発ものづくりに特化した技術で小ロット多品種の

部品製作に対応します。

 

プラスチック樹脂やアルミ金属など素材もバラバラという場合

でもお気軽にご相談下さい。 

 

 

 

 

アリスが小ロット多品種の部品を製作いたします。

 

今までの発注ノウハウや管理技術を活かして問題を

解決していきます。

 

アリスの少量生産の専門知識やノウハウをご活用下さいませ。

新着情報