2019/10/14

~Think make trial~ ☆考えて作る試作技術

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

開発試作アリスのものづくりは、試作の本質を追及しながら考え抜いた

製作方法で行っています。

 

徹底したロジカル・シンキングを活かしての開発試作を創るプロセス。

 

考え抜いた作業工程を、テスト研究して効果を実証。

 

実務を進化させてきた結果の試作技術です。

 

これからもアリスは、開発試作に特化した強みを活かして

徹底したロジカル・シンキング。

 

考え抜いて創る試作技術を確立していきたいと思います。

2019/10/13

電磁コア_試作→量産

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

電磁コアの試作→量産を開発試作アリスでは国内や中国で行っています。

 

 

 

 

 

電磁鋼板はBAOスチールJFE製を使用しています。

 

他メーカーの電磁鋼板をご希望の場合も対応可能です。

 

 

 

 

プレス金型内で切断する最新の技術も対応しています。

 

 

 

中国で試作から量産まで対応できます。

 

国内で試作するよりも、かなり安価でスピーディー。

 

半分以下の価格になる事も多々。

 

ファイバーレーザーやワイヤーカットよりもやはり

精度が高いプレス金型で製作致します。

 

 

 

オートモーティブや電子機器、電車や新幹線、家電や設備の

電磁コア試作や量産品の製作は、ぜひお声かけ下さい。

2019/10/13

TPX(ポリメチルペンテン)PMP_透明樹脂の在庫

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

国内のポリメチルペンテンは板材しか存在しないようです。

 

それも、t30㎜だけです。

 

開発試作アリスでも、PMP板材t30は在庫しています。

 

カタログには丸棒のΦ50とΦ100が記載されていますが、

試作でΦ50がサンプル製作された段階。

 

PMPペレットがしゃぶしゃぶなので押出成形が技術的に

難しく、テスト製作中だとの事です。

 

そのΦ50丸棒サンプルを販売できるか確認中です。

 

 

 

海外メーカーのTPXは丸棒でΦ30は国内に在庫があり入手可能です。

 

他のサイズもあるようです。

 

TPX(PMP)の試作はぜひ開発試作アリスにお声かけ下さい。

2019/10/12

「外国人採用サポートセンター」☆有料職業紹介事業者に期待する情報

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

外国人を求人しているのは、製造業の中小企業が中心と

なっている様子。

 

理由は、①人手不足、②真面目な人材確保、③高度な人材の確保

と厚生労働省が調査したデータではなっています。

 

雇用に当たってのネックは、①日本語能力、②在留・雇用手続き、

③教育・研修などが挙げられています。

 

 

 

外国人雇用をしたことがない企業様は、入管法や在留資格の知識

が欲しいみたいです。

 

日本人中心で外国人が少ない場合は、採用・選考のノウハウ不足を

感じておられ、外国人が中心の会社では、労働条件や雇用管理の

知識、定着のノウハウが求められているようです。

 

 

 

 

そういった知識やノウハウがある職業紹介事業者が選ばれるという

ことになります。

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、

ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/10/12

切削加工のことなら東大阪の開発試作アリスに

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作のアリスでは、切削加工で開発試作品や治具、部品

の製作をしています。

 

メーカーさまの開発試作品や生産ラインの治具、生産機械の部品

量産部品などを切削加工で作るのがメインの仕事となります。

 

 

 

さまざまな業界の開発ものづくりに携わっています。

 

材質も、プラスチック樹脂やアルミ金属、ゴムやEVA、CFRPなど

幅広く加工しています。

 

 

 

開発試作アリスは、高い切削加工技術をフル活用して、貴社の

開発ものづくりに貢献致します

 

切削試作のプロフェッショナルとして貴社のご要望に応えます

 

切削加工で製作するものづくりのことなら東大阪のアリスにお任せ下さい。

2019/10/11

PTFE=ポリテトラフルオロエチレン

 

 

☆フッ素樹脂

 

PTFE=ポリテトラフルオロエチレン

 

四フッ化エチレン樹脂とも言います。

 

高い耐熱性、耐寒性(約-250~260℃)を持ち、優れた耐薬品性を

有します。

 

フッ素が摩擦係数を低減してすべり特性が高く、絶縁性や耐候性

も優れています。

 

医療機器部品や半導体、液晶関連の部品、摺動部品であるローラーや

実験器具などに使われています。

 

今回はシートの加工を行います。

 

お鍋のテフロン加工はこの樹脂を吹き付けてコーティングしたものです。

 

聞きなれたテフロンはのデュポンの商品名となります。

2019/10/11

ARICEのベストバランスの追及

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスでは、伝統の匠の技を継承しつつも、最新のテクノロジー

導入してハイテクとローテクを両立させることによるベストバランスを

追い求めます。

 

常に「あたらしいこと」を実現していくことはとても怖いこと.

 

ですが、そのプレッシャーを楽しめるぐらいの能力と勇気を兼ね備えた

会社として、前に進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

それに加えて、さまざまな素晴らしい加工技術に特化した中小零細の

集まりである東大阪に拠点を構えているという地の利を活かています。

 

開発ものづくりのプロデュース能力をますます高めていき、お客様の

手間を省き、すべてをまかせていただけるようにレベルアップして

いきたいと思います。

 

 

 

まだまだ若くて小さな会社ですが、皆さまに愛される誠実な試作会社として

ひとつひとつ丁寧に、心を込めてモノづくりに取り組んでいく所存でございます。

 

スタッフ一同、「1日でも早くご期待以上の品質で納品しよう。」を合言葉に

切磋琢磨していきますので、今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

2019/10/10

開発試作アリスが先に見据えるもの

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスは、誰でもわかるようにブランド化していきます。

 

 

 

 

事業や実績、未来を理想、社会的な活動をお伝えしていきたい。

 

未来のアリスをブランディングしていくことにより会社の信頼性

深めていただきたいと思います。

 

 

 

開発ものづくりやアイデア商品、職業紹介などの世界であたらしい

価値を創るベンチャー企業として進んでいくプロセスをお伝えして

いきます。

 

 

 

アリスはクリエイティブな会社です。

 

開発ものづくりやアイデア商品、新しい生産ラインや製造などに

アイデアを生み出し、「あたらしい」を実現してきました。

 

 

 

 

そんな開発試作アリスを今後ともよろしくお願いします。

2019/10/10

YouTubeで正座椅子の動画をアップ

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

YouTube講座を受講したのが3年程前。

 

できるようになったのが嬉しくて、10種類の動画をアップ。

 

視聴回数のベスト3です。

 

 

 

 

【第一位】
CNC マシニングセンタ(切削加工 )=260回
http://youtu.be/VkV0cPp8S78

【第二位】
ロボット松葉杖_20170509 =246回
http://youtu.be/eiAmxAFdLZ4

【第三位】
アリスの誕生_20170306 =81回
http://youtu.be/KIbEHxwBH2M

 

 

 

 

視聴回数の最低記録がが11回。

 

ユーチューバー様たちの凄さを尊敬します。

 

 

 

 

4日前にアップした「和尚が発明した着けて歩ける正座椅子」

 

なんとすでに視聴回数が280回です。

 

 

 

こういったアイデア商品は視聴回数が違います。

 

良かったらご覧下さいませ。

 

https://youtu.be/SIsyCgK-DzQ

 

2019/10/09

外国人採用サポートセンター☆日本語能力のミスマッチ

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

厚生労働省で、「民間職業紹介従事者の人材育成推進事業」

が行われています。

 

そこで「外国人材の職業紹介に関する調査」があり、

その結果です。

 

 

 

職業紹介した時のミスマッチ。

 

原因の第一位は、日本語能力との事です。

 

第二位は、仕事内容。

 

第三位は、能力・経験と続きます。

 

 

そこでよく聞く、日本語能力のレベルです。

 

もっとも一般的なのが、日本語能力試験です。

 

5段階のレベルがあります。

 

N1=幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。

 

N2=日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より

幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。

 

このレベルは、通訳翻訳できる高い能力となります。

 

 

 

 

N3=日常的な日本語をある程度話すことができる。

 

このレベルまで能力があると仕事では、問題ありません。

 

 

 

 

 

N4=基本的な日本語を理解することができる。

 

このレベルまで能力があると仕事では、ほぼ問題ありません。

 

但し、少し気遣ってのフォローが必要です。

 

 

 

 

N5=基本的な日本語をある程度理解することができる。

 

日本語研修を6ヶ月間以上学ぶとN4レベルです。

 

技術エンジニアのご紹介では、日本語研修が3ヵ月前後と

なる場合が結構あります。

 

その短い期間となると、N5レベルかもう少し劣ります。

 

 

 

 

入国してきた外国人の新入社員がどの程度日本語研修を学んで

来たのかを考えてあげないといけません。

 

理想はN4レベルです。

 

但し半年間の座学ですから、すぐに方言がある言葉の理解やクセの

強い文字を理解できる訳ではありません。

 

私の経験では、せめて3ヶ月間は様子をみてあげないと実力が

発揮できません。

 

仕事をして、帰宅後日本語を学んでいる人は大きく進歩します。

 

3ヶ月後に判断してあげるのが良いと思います。

 

 

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、

ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 

 

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

 

新着情報