2019/02/25

メーカーエンジニアさまと共にあたらしいを開発

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

開発試作アリスでは、今まで多種多様な分野の研究開発分野のものづくりに

携わってきた経験を活かして、エンジニアさまのニーズにお応えすることに

特化してきました。

 

また業界を問わず、開発試作でいろいろなチャレンジを行なってきました。

 

そのキャリアとノウハウによって、今があります。

 

これからもメーカーさまと共に、課題や問題を解決できる開発試作のプロとして

成長していきたいと思います。

2019/02/22

コントロールとマネジメント

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

管理は、コントロールとマネジメントに大別できます。

コントロールは、コンサルタントのように、ゴールに到達

できる方法論を指導してさせること。

 

マネジメントは、カウンセラーのように、自分で考えさせて

ゴールに導くこと。

 

ティーチングとコーチングでもあるかな?

 

初めはコントロールが基本で、能力がある程度ついてきたら

マネージメントに切り替えて育てていく。

 

丁稚みたいな下積み時代も必要だと思います。

 

丁稚を乗り越えて、高品質の試作品を創るプロの職人を育て、

後世に開発ものづくりのDNAを伝承していく。

 

それも開発試作アリスの使命だと考えています。

2019/02/21

ターゲットを明確にしていくこと

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスの求めるお客さま。

 

もっと明確にしていく必要があります。

 

アリスのメイン顧客。

 

家電・車載機器・電子デバイス・省力化機器・機械装置・文房具・

複写機・医療・理美容・アミューズメントなどの大手メーカー。

 

その開発を担うエンジニアやデザイナー、生産技術や購買の方々

となります。

 

機能検証や機構確認、量産プロセス検討、意匠検証など

を目的として創られるプロトタイプ(試作品)。

 

生産設備や検査用の治具、小ロット多品種の部品などを

製作している開発試作に特化したものづくりの会社です。

 

開発のプロ向けに開発ものづくりをする技術会社となります。

 

メイン顧客はメーカーさまのさまの開発部門となります

2019/02/20

開発者さまに役立つために。

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

開発試作アリスは、あたらしい価値を創る開発者さまに役立つことを

使命としています。

 

人に役立つ仕事でなければ、意味がないように思います。

 

社会に役立つ会社でなければ、永続する必要はありません。

 

社会に必要とされる会社で有り続けたい。

 

成長していきながら雇用を生み出し、あたらしい魅力あるものを

開発することに役立っていきたいと思います

2019/02/19

レンダリングで完成をイメージしていただく

 

 

東大阪切削試作アリスのロゴをレンダリングした画像です。

 

レンダリングとは、完成を予想して描いた透視図のこと。

 

完成予定図です。

 

カタチのイメージがはっきりある場合は、3Dデータを作成してから

レンダリング。

 

後は製作するための詳細を決めていく作業になります。

 

今もデザイン設計を受注して進めています。

 

特許取得の際に弁理士さんが書いた絵ではものづくりできない場合が多く、

発明者様は困ります。

 

そこでアリスでは、その機能やデザインを活かして現実化を行っていきます。

 

まったく別物になって特許を再取得するケースも多々あります。

 

立体の完成予定図を活かして、開発試作のデザイン設計をお客様にわかりやすく

進めていきます。

 

2019/02/18

外国人雇用の専門ブランド「A×A」☆毎日の小さな変化が進化のコツ

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

今にジャストフィットさせていくために重要な

日々の改善活動。

 

それは気合いを入れた大きなことではなく、日々の

気づきから変えていく。

 

毎日の小さな変化が大切なんだと思います。

 

 

 

些細な工夫が結果的に大きな改善活動となる。

 

大きな安定と進化を創るんだと思います。

 

 

 

 

社風としての基礎的な改善を習慣化。

 

創意工夫を行う風土を当たり前のこととして根付かる!!

 

開発プロセスでのものづくりを行う上で重要です。

 

 

 

 

そして、メーカーエンジニアさまのあたらしい価値を創る開発試作

や治具、部品を創ることで役立っていきたいと思います。

2019/02/18

機械加工で創る試作モデル

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

プラスチック樹脂やアルミ金属、ゴムなどの試作モデルを切削加工、

機械加工で製作します。

 

3Dデータや2Dデータがあればご出図下さい。

 

また重要管理寸法図をいただければ、寸法測定した数値を

図面に記入致します。

 

図面からでも製作します。

 

品名・数量・材質・ご希望納期などを教えていただければ、

見積書を提出します。

 

勘合物をご支給いただければ、勘合調整して納品します。

 

勘合物が同時進行で製作している場合は、勘合物のデータがあれば

微調整できます

 

機械加工で創る試作モデルは、お気軽にお声かけ下さい。

2019/02/17

外国人雇用の専門ブランド「ANSWER×ANSWER」☆ブラック&ホワイト

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

ブラック企業&ホワイト企業。

 

白黒に分けて考えさせる低級な情報操作だと思います。

 

確かに労基違反をしていたり、人を奴隷扱いする企業も多い。

 

そんな会社はよくないとは思います。

 

ですが一部を取り上げて上っ面で白黒に分けて評価するのはおかしい。

 

企業は法の上では人扱い。

 

長所も短所もあります。

 

それを改善していくのは、全スタッフの役目です。

 

 

 

その努力をしない人ほど文句を言います。

 

自己中でわがまま。

 

周りに嫌な仕事を押し付けえ、楽をする。

 

そんな人が自分の都合通りにいかないとブラックとだ言うように思います。

 

 

 

 

そろそろマスメディアの意図したミスリードに気づくべきです。

 

良い会社探しをするよりも、今の会社を良くしていくべきです。

 

どうしても無理であればさっさと転職すればいいと思います。

 

 

 

仕事を増やしたいだけの弁護士や転職させたい転職斡旋会社の

思惑に乗ってはいけません。

 

同じ会社に長く務める方が幸せです。

 

その会社を超えたレベルになってきたら確かにキャリアアップのための転職も必要。

 

でもまずは今の会社をよりよく改善していくこと努力をしてからだと思います。

 

 

 

 

本当のスキルや能力は転職ばかりしていると身につきません。

 

それにある年齢になると相手にされなくなります。

 

その企業のコアとなる人材を目指して会社の発展に寄与する。

 

それが理想です。

 

叶わない場合は転職して新しい職場でまずは3年間働く。

 

その覚悟で会社を選ぶ。

 

選んだ会社で粘って働く。

 

会社のため。

 

上司のため。

 

同僚のために必死に頑張る。

 

そうすると周りから認められ、頼られ、居場所が拡大していき役職もつく。

 

 

 

そうならない場合でも、ある程度は頑張ってから転職する事。

 

能力がアップしてから職場を変える方が良い職場に巡り会えると思います。

 

起業しても良いですし。

 

やったこともない上っ面の記者が、思惑通りにリードしようとするNEWSを

信じてはいけないと思います。

 

 

 

 

本国内で無期限で働き続けられる在留資格を持つ優秀なエンジニアたち。

 

長期雇用を実現します。

 

エンジニアや技能実習生はアンサーアンサーが手配致します。

 

お気軽にお声かけ下さい。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

有料職業紹介ブランド「ANSWER×ANSWER」

許可番号:27-ユ-302440

TEL:06-6147-6088

E-mail: info@o-biz.jp

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/02/17

アリスのオリジナルサンプル「ギアボックス」

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

アリスでは、研修も兼ねてオリジナルサンプルを製作しています。

 

これは「ギアボックス」と名づけたサンプルです。

 

筐体はポリカーボネート(透明)を板から削りだしました。

 

 

 

 

内部のギアもポリカーボネート(透明)の切削加工品。

 

染色しています。

 

もう製作してから5年間ほどが経過。

 

これに代わるサンプルを創る余裕がなくて、いまだに使っています。

 

 

 

 

 

ギアボックスの3Dデータです。

 

このデータから切削加工でものづくり。

 

まずはCGでイメージを確認。

 

CG通りに3Dデータを作成。

 

データで勘合などの調整を行ってから機械加工。

 

昔は図面で問題も多々ありましたが、今は3Dデータで

問題点をチェックしてからパーツを製作。

 

よほどシビアな勘合でない限りは、入らないなどの問題は

起こりません。

 

繊細なメカ的動きをさせる機構部品は狙い通りの動きを

スムーズにできるのかを試作品で検証する必要があります。

 

CADデータも年々進化していきますが、試作モデルでの現物

確認がまだ必要です。

 

アリスは3Dデータで製作する試作モデル製作が得意です。

 

開発プロセスで創る試作モデルはお気軽にお声かけ下さい。

2019/02/16

接着技術を磨く

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

アクリルやポリカーボネート(PC)の透明接着は難しい。

 

透明切削アリスの透明度の高い切削加工品は、少しの気泡も

も許してくれません。

 

綺麗にはっきり視えるので、誤魔化せません。

 

透明品の難しいところは、アラを隠すことができないところ。

 

透明度の追及をすればするだけ、加工やバリとり、磨きや仕上の

技術力が求められます。

 

水族館の水槽レベル。

 

そんな接着技術が欲しい。

 

まだ気泡が入らなくても光で接着面がわかるレベル。

 

完全にわからないレベルの接着技術を追求していきます。

新着情報